西陣にまつわる
人々による
ウェブメディア

1/20

西陣にまつわる人々が、毎日綴るリレーコラムCOLUMN

2022.01.19
Written By

2021秋 まるごと美術館
展示も紅葉も素敵でした。
お客様を西陣のエリアにお連れ出来るか不安でしたがご縁があり沢山足を運ぶ事ができて
私の母親や大切なお客様など西陣を堪能していただく事がでしました。

西陣の人でない私がこうやってコラム書かせていただき 西陣に出入りさせてもらってる事に感謝です

2022年も西陣 応援させていただきますので宜しくお願い致します。

林亮

タクシー運転手林亮

2019年にまるごと美術館を知り、夜間拝観にお客様をお連れし、その時頂いた福銭の5円玉がご縁を呼んで 西陣、上京区の 沢山の方々と繋がる事が出来ました。 日々 自分地元はもちろん 西陣、上京区を応援してます。

2022.01.18
Written By

寅年の2022年を迎え、お正月に「鳴虎 報恩寺」を訪れました。ここにある、後柏原天皇によって下賜されたと言われる大きな虎の図の掛け軸を豊臣秀吉が聚楽第に持ち帰ったところ、夜にその虎が鳴いて秀吉は眠ることができず、お寺に掛け軸を返したと言われています。そのことから、「鳴虎(なきとら) 報恩寺」と呼ばれるようになり、12年に一度、寅年のお正月3が日のみ特別公開され、この鳴虎の図の掛け軸を拝観することができます。今回ちょうど12年に一度のタイミングに合ったので、観に行ってきました。他にも戦国大名の黒田長政が亡くなった部屋や長政と父の官兵衛の位牌、寺宝なども鑑賞することができました。次はまた12年後のお正月まで本物の鳴虎の図は観ることができませんが、京の冬の旅で鳴虎の図のレプリカや一部の寺宝は公開されるとのことです。このお正月行かれなかった方は、せっかくの寅年にちなんで、レプリカですが、鳴虎の図を観に行かれてはいかがでしょうか。

南知明

上京ちず部 副部長南知明

鴨川近くで生まれ、幼い頃から近くの上京区の商店街の店主の方々に見守られ育つ。現在は「まいまい京都」商店街食べ歩きツアーなどのほか、地理好きを活かし、「上京ちず部」副部長など、上京区全般で活動。本業は宿泊業。京都観光おもてなしコンシェルジュ。

2022.01.17
Written By

初めまして。
この度、縁あってリレーコラムに参加させて頂く事になりました〈みよしの〉と申します。
学生時代の4年間は右京区にて、卒業後は西陣に移り住み住みいつの間にやら50代。
玉手箱でも開けたのか?自分でもビックリです。

今の生活で実感した言葉の一つ『底冷え』
歴史と時間がゆったり流れ、おっとりはんなり交わされる京ことぱ…
なので気候もさぞや穏やか~。

なーんてとんでもなかった!

雪もないのに冷凍庫に放り込まれたようなキンキンに痛い冷気。
これで風でも吹けば寒風の串刺し一丁上がり。
瀬戸内気候出身のせいか殊更寒さ(痛さ)が身に染み入ります。

話は変わり、
年末の大掃除中に使い捨てカイロを発掘。
早速使ってみるも…
ぬるーい温もりがほんのり。
しかも2時間もしない内に冷めていく。
温かさ7時間持続、の筈が?

で、確認すると使用期限2019年6月。
あ~、道理で。

◆教訓その一「期限」はお飾りではありません
◆教訓その二「お片付け」はコマメに

と、こんな間の抜けた投稿ですが
今後とも宜しくお願い致します。

みよしの

みよしの

よもや、よもやの50代。 "西陣''の軒下にて30余年、ひっそりと暮らす地方出身者。 15万円入りの封筒を2度も!落とす令和のうっかり八兵衛。

2022.01.16
Written By

初めまして、森賀優太(もりがゆうた)と言います!

京都産業大学の3回生で、ある日西陣に迷い込んだ結果、常に入り浸るようになった現在です。普段は、Laughterさんでコーヒーを飲んでいるか、写真を撮りながらまちあるきをしてたりします。あと、よくKefuさんで朝ごはんを食べております。見かけた時は声をかけて頂けると嬉しくて飛び上がります。
色々なご縁をいただきまして、今回はosanoteのリレーコラムに参加させて頂けることになりました。リレーコラムは憧れというか、チャンスがあるなら書いてみたい!なんて思ってはいたんですが。。実際に書くことになり、緊張と感動で心臓がバクバクになっています。(オロオロしながらコラムを書いております。。)もちろん、やったー!!とは思ってるんですが緊張ってすごいですね。考えてた書きたい内容を真っ白にしてくれました。。。
さて、これからはコラムのネタ集めのためにも、大好きな西陣を楽しむためにも、西陣でどんどん遊んでいきたいと思います。(これが1年間の抱負かと思うとこの先少し不安ですが、笑)
これからよろしくお願いいたします!

森賀優太

京都産業大学 学生森賀優太

京都産業大学在学中。ある日を境に西陣に迷い込み、いつの間にか居着いた大学生。人との関わりを通して、伝統的な文化や歴史と新しい暮らしのある西陣に惚れる。そろそろ西陣に住むことを画策している様子。

2022.01.14
Written By

今日の京都は雪。

リレーコラムはお休みです。

横山恵

オサノート編集長横山恵

株式会社アセェス カフェ宿泊事業統括マネージャー。 京都西陣に来て出会ったたくさんの素敵な方々をご紹介したくてメディアを立ち上げました。普段はKéFUのカフェに立っていたり、取材に走り回っています!純喫茶と歌謡曲が好き。すてきな純喫茶情報お待ちしてます。

2022.01.13
Written By

とっくの昔に松の内は過ぎ、すっかり遅めのご挨拶で恐縮ですが、みなさま、新年明けましておめでとうございます。元旦の朝、起き抜けに窓から眺めると、大晦日に降った雪が、隣家の屋根をうっすらと雪化粧していたのが新鮮でした。ぼくが運営する現代美術製作所は、東京の墨田区で1997年に活動を始めて、今年で25年目、NPO ANEWAL Galleryの協力を得て西陣に拠点を移してからは、5年目となりました。数百年も続いてる京都の老舗と比べたら、昨日や今日に出来たようなものですけれど、オルタナティヴ・スペースの場合、3年続けば老舗だなんて冗談もあるくらいなので、よく続いてる方かもしれません。アートが好きっていうのもありますが、まあ、たぶん諦めが悪いんでしょうねえ、性格的に。もっとも、この2年間は、コロナを警戒して自主的にお休みをいただいた関係で、西陣での実質的な活動期間は、まだまだ僅かに過ぎません。なにか節目のイベントを考えてみたいですが、どうなるやら。ともあれ、活動のあるなしに関わらず、元日の朝に見た初雪のように、まっさらな初心を忘れないよう心がけつつ、新たな年を過ごしたいと思います。

曽我高明

ANEWAL Gallery現代美術製作所 ディレクター曽我高明

東京の下町・墨田区の向島で、長年展覧会やアートプロジェクトに取り組んできました。縁あって2017年より上京区に拠点を移し、ANEWAL Gallery 現代美術製作所(通称:現代美術製作所)をオープン。ゆるいペースで様々な活動をしています。

2022.01.12
Written By

去年は在宅ワークや家庭内保育が丸っと一ヶ月つづき、
閉塞感からか川に遊びに行くことがとても多かった一年でした。
何度も通って知見ができたので、
ちょっとだけ我が家の季節の川沿い別の楽しみ方を紹介します。

◆春は東九条の川沿い

桜並木が続き、近くには美味しいホルモンのテイクアウトがあったりと
わかば公園あたりは我が家の穴場花見スポット。
人が少ないので子供を放牧しつつ、ホルモンとビールを楽しむ、
我が家の最高の春レジャーの一つです。

◆夏は桂川の川沿い

桂川の川沿いはとにかく青々とひらけていて、
ボール遊びに始まるダイナミックな遊びができるのが魅力。
汗を書いたら近くにある老舗人気店の中村軒でかき氷をテイクアウト。
西大橋の東側の木陰でレジャーシートをひき
私は白玉4個をトッピングして宇治抹茶かき氷を
お昼ごはんがわりにするのが大好き。
子供は柚子氷やいちごみるくなどを楽しんでます。

◆秋は堀川の川沿い

黄金の銀杏を見上げながらあったかいコーヒーと西陣のパンを楽しむ。
これは子供が巣立った後も夫と老後も続けたい秋の楽しみ方。
本当に秋の堀川は綺麗で心踊ります。
ただ…最近ここは自転車の乗り入れがNGだと気づきました…
うっかり…
次回からはどこかに停める場所を探さねば…

◆冬はおうちで

年末年始はほとんど家にいましたね…今年の冬こそは屋久島の安房川に始まる
南の暖かい地域の川で違った冬を楽しにたいなぁと願う昨今です。

あいうめめ

主婦あいうめめ

下京区から上京区へお引っ越し。 3歳と0歳の娘をもつ主婦です。 京都西陣の暮らしと子育てを綴る。

2022.01.11
Written By

#好きです西陣

同志社大学のヨリフジです。

今年は初めて、西陣で年越しをしました。
仲の良い友だちと、近所のお蕎麦屋さんで年越し蕎麦を食べ、銭湯に行って、初詣に行きました。好きな人と、好きな場所で、こじんまりと過ごす年越しが素敵な思い出になりました。
クリスマスも年越しも、一緒に居た友だちは違いましたが、同じ西陣のケーキ屋さんのケーキを食べました。お気に入りの西陣のコーヒー屋さんにも、大学のいろんな友達と一緒に行くようになりました。
私に時間の過ごし方を決める権利があるのなら、誰と居ても、大切な日は”西陣な過ごし方”をしたい!自然な形で、西陣いうのが私の軸になってきているのかもしれません。
今のように、西陣のたくさんの人たちと関わりをもたせてもらうようになったのは昨年から。一年も経たないうちに、こんなにも西陣が自分にとって落ち着く土地になっていることに驚きと感謝です!
私はもうすぐ大学を卒業しますが、今年は西陣とどんな関わりを持てるのか?去年よりも、もっとこの土地の魅力を自分が感じる年になればいいなあ。今年もよろしくお願いいたします!

依藤菜々子

運営依藤菜々子

同志社大学在学中。 2020年「イマ*イチ」の制作を通し、西陣ならではの凝縮された魅力を知る (イマ*イチは“今出川で1番の地域情報誌”をコンセプトに同志社大学が発行するフリーペーパー)。 好きなもの:アニメ/クラシック音楽/ミッフィー

2022.01.10
Written By

ぼくが小・中学生の頃は、西陣地域にはわりとたくさんの駄菓子屋さんがあったと思います。今の世の中、お菓子のスタイルもすっかり変わり駄菓子屋さんはどんどんなくなってしまいました。

駄菓子屋さんというとお菓子を食べたいから買いに行くということだけでなく、少ないお小遣いを握りしめ、どのお菓子をいくつ買うといくらかとか、明日のために今日はガマンとか…そんなやりくりをしたり、子ども同士集まっていろいろ話をするのも駄菓子屋の楽しさの一つであったと思います。自然と金銭感覚や社交術を身につける場所だったのかもしれません。そしてクジで不正をはたらくやつ、払いをごまかすやつ、盗むやつ…など、やってはいけないことには店主(大抵の場合爺さんか婆さんなんですがw)から容赦無く罰がくだされる…いいことも悪いことも教育される場所でした。

数年前うちの近所に駄菓子屋さんがオープンしました。奥さんの副業とのことで毎日の営業ではありませんが、ご主人と協力してがんばっておられます。開店日にはたくさんの子どもたちで賑わっていて、そんなお店の様子をみていると昔のことが思いだされます。

岡田健

光都紙工有限会社 代表兼デザイナー岡田健

西陣の南東?の牛乳屋の息子として生まれ育って五十数年、今は極小印刷会社の代表取締役兼デザイナーです。ウクレレとコーヒーが好きです。

2022.01.09
Written By

日本に生まれてきてよかったなあと思うことで、ひとつは美味しいものがあふれていること。もうひとつは、かわいいものがあふれていること。アニメやご当地のキャラクターしかり、西陣界隈のイベントごとでもポップなのぼりがそこかしこに上がっていたりと街も心もカラフルに彩られていくようで出会うたびわくわくします。
新年の前後に全国に出現する干支というアニマルキャラクターも実は楽しみのひとつで、昨年は牛キャラを存分に堪能し、今年はさて寅かと。気に入るデザインのものに出会うと「寅年」なんて1年間限定ワードが記載されていてもつい手が伸びそうになってしまいます。新年柄で個人的にヒットしたのが某サブレのこのパッケージ。ゆるい柄なのに結構緻密(??)に“トラ”が織り込まれていて、そうそう、日本のこういうとこ好きなんだよね、なんてにやにやしてしまう。楽しいこと、好きなこと、心わくわくすることを、今年もここ西陣で過ごしながら沢山見つけてゆきたいなと思っています。

松波さゆり

和裁士松波さゆり

岡山県出身。布好きが高じて京都で学び暮らし始めて早18年目。プロの和裁士としてテレビドラマの衣装をはじめ様々な仕立てを手掛ける。現在は市民運営の寺院 ”寳幢寺”のスタッフとして日々を過ごしながら、社会や地域に貢献できることを模索しています。