西陣にまつわる
人々による
ウェブメディア

10/19

メンバーMEMBER

依藤菜々子

運営依藤菜々子

同志社大学在学中。 2020年「イマ*イチ」の制作を通し、西陣ならではの凝縮された魅力を知る (イマ*イチは“今出川で1番の地域情報誌”をコンセプトに同志社大学が発行するフリーペーパー)。 好きなもの:アニメ/クラシック音楽/ミッフィー

定期連載 FOOD

【山岡さんとこのビール】志賀高原IPA Harvest Brew / FRESH HOP IPA

志賀高原ビール(長野県) / サンクトガーレン(神奈川県) 志賀高原IPA Harvest Brew / FRESH HOP IPA     【山岡さん情報】     ホップの収穫 […]

craftbeerFOODクラフトビールサンクトガーレンビール山岡さんとこのビール山岡酒店志賀高原ビール神奈川長野
定期連載 FOOD

【山岡さんとこのビール】不撓不屈

富士桜高原麦酒(山梨県) 不撓不屈     【山岡さん情報】     「ビールは大麦・ホップ・水でつくるもの。」 1516年のドイツで、このように定めた“ビール純粋令”が出されまし […]

craftbeerFOODクラフトビールビール富士桜高原麦酒山岡さんとこのビール山岡酒店山梨
定期連載 FOOD

【山岡さんとこのビール】ハレバレゴールデン・涼風ゴールデン/ASOBI

京都与謝野酒造 / かけはしブルーイング(京都府) ハレバレゴールデン・涼風ゴールデン / ASOBI     【山岡さん情報】     ビール原料の大麦とホップ。 日本で収穫され […]

craftbeerFOODかけはしブルーイングクラフトビールビール京都京都与謝野酒造山岡さんとこのビール山岡酒店
定期連載 FOOD

【山岡さんとこのビール】モザイクパンチ

ウッドミルブルワリー(京都府) モザイクパンチ     【山岡さん情報】     “ヘイジー”IPAは 最近1番流行りの“濁った”IPAです。   あらゆるビールのベース […]

craftbeerFOODウッドミルブルワリークラフトビールビール京都山岡さんとこのビール山岡酒店
定期連載 FOOD

【山岡さんとこのビール】アマビエIPA/父の日IPA

サンクトガーレン(神奈川県) アマビエIPA/父の日IPA     【山岡さん情報】     “IPA”は、強い苦みと香りをもつ世界中で大人気のビールです。 ホップの苦みと麦芽のコ […]

craftbeerFOODクラフトビールサンクトガーレンビール山岡さんとこのビール山岡酒店神奈川
定期連載 FOOD

【山岡さんとこのビール】ほどなく

山岡酒店 × いわて蔵ビール ほどなく     今回はビールではなく、クラフトジンのご紹介です。   【山岡さん情報】   昨年、コロナの影響で全国の酒屋ではビールが売れ残ってしま […]

craftbeerFOODいわて蔵ビールクラフトジンクラフトビールジンビール山岡さんとこのビール山岡酒店
定期連載 FOOD

【山岡さんとこのビール】ゴールデンスパークリング

松江ビアへるん(島根県) ゴールデンスパークリング     【山岡さん情報】   白ぶどうの香りがするホップ “ネルソンソーヴィン”   ビールの原材料であるホップは 「香り」 「 […]

craftbeerFOODクラフトビールビール山岡さんとこのビール山岡酒店島根松江松江ビアへるん
2021.10.05
Written By

#コロナ禍で忘れていたこと

同志社大学のヨリフジです。

夏休みに、6月に開催された町家オープンカレッジというイベント(Zoom)で出会った早稲田大学の学生が、西陣まで会いに来てくれました。
オンライン授業ばかりで友達もできず何もできない…そんな状況を打破しようと、地域に一定期間移り住み、インターンなどをしてコロナ禍でも積極的に学びを得ようと動いてきた方たちです。

西陣で初めて対面で会ったちょうどその頃、私は家で作業をすることが多く、人との交流が減り、家でアニメばかり見て引きこもりがちでした。
そんな中、“オンライン授業の中でどうやったら学生がイキイキと過ごせるか”といった共通の話題に関心がある同世代と話せたことがとても嬉しく、同時に、“対面で話す楽しさ”という、コロナが私たちから奪ったものを認めざるをえませんでした。
普段は聞かない様々な話を聞かせてもらい、その日は少しの疲労感といっぱいの幸福感で、よく眠れたことを覚えています。

コロナ禍で、身近な人との関係を大事にすることが見直されてきました。
しかし、やはり時には視野を広げ、今自分がいる狭い場所の外の情報に触れることが大切だと感じました。

2021.09.05
Written By

#毎月24日を西陣の日と言いたい

同志社大学のヨリフジです。

今日は、6月から始めた西陣のハッシュタグ運動を紹介します。

#毎月24日を西陣の日と言いたい
というハッシュタグをつけて、
西陣のお気に入りの場所や買ったもの、出会った人など
西陣に関する写真やつぶやきをTwitterで投稿します。
株式会社ツナグムのタナカユウヤさんと考案しました。

「24」と「西陣(“にし”じん)」をかけています。
毎月24日を“西陣の日”と呼べないのは、正式な西陣の日が11月11日だからです。
“西陣”の名前の由来になった応仁の乱が終わったのがその日だからだそうです。

8月24日は3回目のハッシュタグ運動となり、
いつも以上に多くの方々が投稿に参加してくださいました。

当日わたしは「今月は何の写真を載せようかな」と
堀川商店街をさまよっていると、タナカさんに遭遇!
「今日、西陣の(ハッシュタグの)日やん、なに投稿するの?」
「堀川です」
「いや俺も!」
という会話が(笑)

いつか、毎月24日は、西陣にまつわるたくさんの人が、
それぞれ自分たちの地域に思いをはせる日になればいいなと思いました。

(写真・堀川商店街で食べたラーメン)

2021.09.05
Written By

#毎月24日を西陣の日と言いたい

同志社大学のヨリフジです。

今日は、6月から始めた西陣のハッシュタグ運動を紹介します。

#毎月24日を西陣の日と言いたい
というハッシュタグをつけて、
西陣のお気に入りの場所や買ったもの、出会った人など
西陣に関する写真やつぶやきをTwitterで投稿します。
株式会社ツナグムのタナカユウヤさんと考案しました。

「24」と「西陣(“にし”じん)」をかけています。
毎月24日を“西陣の日”と呼べないのは、正式な西陣の日が11月11日だからです。
“西陣”の名前の由来になった応仁の乱が終わったのがその日だからだそうです。

8月24日は3回目のハッシュタグ運動となり、
いつも以上に多くの方々が投稿に参加してくださいました。

当日わたしは「今月は何の写真を載せようかな」と
堀川商店街をさまよっていると、タナカさんに遭遇!
「今日、西陣の(ハッシュタグの)日やん、なに投稿するの?」
「堀川です」
「いや俺も!」
という会話が(笑)

いつか、毎月24日は、西陣にまつわるたくさんの人が、
それぞれ自分たちの地域に思いをはせる日になればいいなと思いました。

(写真・堀川商店街で食べたラーメン)

2021.08.06
Written By

 

#上京朝カフェで朝活

同志社大学のヨリフジです。

7月29日木曜日、“上京朝カフェ”に行ってきました。
上京朝カフェとは、毎月第4木曜日、
朝8時すぎから開催されている地域交流の場です。

その日は、Zoomと上京区役所会場のハイブリット形式で開催され、
私は先月、町家学びテラスで知り合った京都産業大学の友人と初めて参加しました。

(写真は、当日の朝に区役所近くの、松家・今出川店で食べた牛丼の写真です。
なんと、もう今は閉店してしまったそうです・・・
思いがけず、貴重な牛丼になってしまいました。)

当日は、様々な年齢・職業・コミュニティに所属する人たち
25人(オンライン・対面合わせて)が参加しました。

こんなイベントをするよ、こんな人を探している、こんな面白いものがある、、、等々を
一人ひとりがみんなの前で発表する
非常に自由な空間でした。

西陣や上京区は、新しいことに対して前向きな人が多い地域だと以前から感じています。
上京朝カフェも、それを象徴していると思いました。

コロナで大変な時期ではありますが、工夫を凝らし
新しいことに一緒に前向きになれる地域でこれからもあり続けるように、
わたしも毎日を前向きに過ごしたいです!

 

2021.07.07
Written By

 

#オンラインの壁を越えて

 

同志社大学のヨリフジです。
蒸し暑くハンカチが手放せない日が続いていますね・・・。

 

さて、私は先月
町家学びテラス・西陣(京都産業大学)で開催されている
「町家オープンカレッジ」に参加しました。
現在はオンラインで開催されている勉強会で
その日は学生生活について考えました。

 

大学での時間の使い方は人それぞれ。
正解のない中で、私が大事だと思っているのは
様々なコミュニティに属して自分の考え方を見つめ直すことです。

 

私自身、この西陣に来てから
たくさんの人と話し、たくさんの価値観に触れることで
高校までの狭いコミュニティの中で形成されてきた自分を
見つめることができています。

 

しかし、今の大学1・2年生に話を聞くと、
オンライン・リアル問わず、
普段は家族とバイト先の人たちとしか関わらないという人がたくさんいます。

 

コロナ時代に入学してきた今の1・2年生、
特に、この西陣という素敵な地域に関わるチャンスがある人たちに
新たな自分の居場所・コミュニティをもつための
初めの1歩を提供できないものかな・・・

 

オンライン時代の心理的な壁を越えていきたいと考え始めました。

 

2021.06.07
Written By

#おかえり西陣

同志社大学ヨリフジです。

 

6月突入。卒業までのカウントダウン。
あと10ヶ月の大学生生活の中で考えたいテーマが
“コミュニティの在り方”です。

 

先日、今年1月にオンラインで開催された
「つぎにし(つぎの西陣をつくる交流会)」で出会った人たちと
久々にお話しする機会がありました。
ここ数週間、低気圧のせいなのか?悶々としていた私ですが
話をすることで
近くに、ありのままの自分で、打ち解けて話せる人たちがいることの
しあわせを心の奥底から感じました。
(その日はよく眠れました!)

「おかえり」と言われているような
「ただいま」と言いたいような、あったかい気持ちでした。

 

地域のコミュニティって、基本的に“長い”お付き合いですよね。
長期的な人間関係を端から恐れ、バイトも短期のものを選ぶような私が
“長いお付き合い”を誰かとつくっていけるのか、失敗したらどうしよう_
不安もあるのですが難しく考えず
自分が帰れる“居場所”をたくさんつくりたいと思うようになりました。

 

「心打ち解けて話せる人がたくさんいる」
西陣を、私も含め一人でも多くの人にとって
安心する場所にすることが目標です。

 

(写真・町家学びテラスで様々な方々と!)

2021.05.08
Written By

#ミニチュア西陣

初めまして!同志社大学4年のヨリフジと申します。
西陣生活は今年で4年目です。

昨年、編集長をしていたフリーペーパー“イマ*イチ”。
取材先を探すため西陣の情報をネットで集め始め
「こんなに面白い場所が家の近くにあったのか」
自分の無知にびっくりしました。

なんとなく過ごしていたら絶対気付かない
細い道を入った所にある小さなお店・・・
そういうのがほんと多い。

最近も時間があるときは
同じスーパー行くにも
いつもより1つ前の角で曲がってみて
また知らない店を発見。
まだまだ知らないことだらけです。

ちなみに、みなさんは自転車に乗りますか。
わたしは基本的に徒歩で移動します。
歩道を歩く人をチャリで追い抜く勇気が湧いてこないので(笑)

そんな徒歩人間にとって
西陣はとても魅力的です。
自転車のスピードでは見落としてしまう店や風景が多いから!
徒歩だからこそ発見できるものがある。

そんな個性・魅力が凝縮された
ミニチュア模型のような地域が
西陣ではないでしょうか。

もっと知りたい!!

(写真・おひとり散歩の休憩は粟餅所・澤屋さんにて╰(*´︶`*)╯♡)