西陣にまつわる
人々による
ウェブメディア

10/8

メンバーMEMBER

梅田啓介

クリエイター梅田啓介

あるときは会社員、あるときはデザイナー、あるときはアーティスト、あるときはおべんとうアーティスト。 楽しいことを求めて。 今年、西陣に家を建てて、引っ越してきます。

2022.06.22
Written By

お久しぶりです。

 

怒涛の施主施工から完成、そして引き渡しを経て、
新居に引っ越してきました。

 

荷物の多い私たち(おもに私)、引っ越しもハードでした。
引っ越し前の断捨離で250㌔もの荷物をクリーンセンターに運び処分したものの、荷物のダンボールは120箱。
現在、引っ越しから4ヶ月ほど経ちましたが、まだ箱は解体しきれていません。

 

そして、表札はじめ、自分たちで仕上げてゆくものがまだまだたくさん。
もうしばらく自分たちの家づくりは続きそうです。
むしろ、ずーっと続くのかな…

 

まだまだやることはたくさんあるものの、
それもひっくるめて、家族がワクワクのびのびできる家になったなぁと、実感しています。
これからもっと自分たちらしい家に育てていけたらと思っています。
ぜひ遊びにいらしてください!

 

※写真は1階のアトリエ兼ちいさなギャラリースペース、
家族が創作を楽しんだりそれを広げていける場になりますように…

2022.02.10
Written By

引っ越しまであと1ヶ月を切りました。

しかし、まだまだやることはたくさん。
最近は水まわりのタイル貼りを…

妻も私も陶芸をすこしするので、うちには小さな陶芸窯があり、
それを理由に自作タイルで水まわりを仕上げるという挑戦をしました。

しかし、始めてみると、
粘土を平らに延ばして、1枚1枚を型で抜いたり切り出したり、それを乾燥させて、表面を整えて、釉薬を吹付けて、陶芸窯に並べ入れて、焼成…
工程が多く非常に手間がかかりました。

また、小さな陶芸窯では焼く量が少なく、焼く回数を増やして応戦。
そして、電気代は爆上がり、粘土代や釉薬代もかさみました。

へとへとになりながらタイルを用意し、
ついに施工、接着剤で壁にはり、目地埋め。
ランダムな形で作ったので、並べるのにも神経と時間を要しました。

果てしない道のり、眠れぬ夜を越え、2ヶ月かけて、なんとか走りきりました…
自分の家でなければ投げ出したいほど手間はかかりましたが、家への愛着は湧くばかりです。

2022.01.08
Written By

新・梅田邸の建設も佳境です。

長い道のりでした。
いまは、施主の自分たちで、室内の漆喰の壁塗りをしています。

ホタテ漆喰という、ホタテの貝殻を砕いた小さなツブツブが入っている漆喰、一度塗りで完成です。
ほどよく味があって、自分のような初心者でも、いい感じに仕上がりやすいという代物。

友人を集めて、壁塗りを手伝ってもらったりしているうちに、
すっかり左官の楽しさに目覚めてしまいました。
夜も家族が寝てから、塗りに行ったり。
朝早く目覚めたら、塗りに行ったり。
建築中の今しか味わえない空間。
心静かに、作業に没頭します。
すっかり趣味になりました。
塗り終わるのが淋しいです…

ちょっとヘタでもいいから、壁塗りの手助けが必要なかた、ご用命くださいませ。

2021.12.01
Written By

先日、三歳の長女の七五三で着物を着て北野天満宮へ。
長女はお姫さまみたいになって嬉しそう。
老松さんで好きなお菓子を選んで、もみじ苑も見頃で、帰りには焼肉を食べる約束をして。

産まれてたった3年、とても長かったような、一瞬だったような…
産まれる前と後では、私の暮らしも人生も大きく変わりました。
寝転がって泣くだけの赤ちゃんだったのに、
すっかり立派に頼もしくなって、でも無邪気で玉のように愛らしく、この上なく尊い、
着物姿の長女を前にうまく言葉にできない感動を抱きました。

つないだ私の手を振りほどいて走りゆく長女の後ろ姿、
着物の袖がなんだか翼のようにみえて、
どうかこの世の中のしがらみや不条理なんてはね退けて、思うままに羽ばたいててほしい。
心躍る日々を送ってほしい。
そう願うばかりです。

いままでは七五三てなんでやるのかなぁ、と思っていましたが、
思いがけず、
とても大切な日になりました。

2021.11.01
Written By

西陣にマイホーム建設中の梅田家。
新居の様子をみたあと、自転車で散策。

ふと、キンモクセイの薫りに立ち止まりました。
大好きな季節の、大好きな薫り。
夏と冬の間、一瞬で過ぎ去ってゆく秋を実感します。

これから、紅葉や銀杏も色づいてゆきます。
この季節はハッとする薫りや色に誘われて、
あちこち彷徨うのが何よりの楽しみです。

西陣の地で、自分だけのキンモクセイスポットが見つかりますように…

2021.10.02
Written By

西陣にマイホーム建設中の梅田家。
いよいよ上棟しました。

基礎だけだった場所に、運ばれてきた木材が次々と組み立てられて、
わずか1日で骨組みができてしまいました。

ここまで道のりは長く、あれこれ考え悩んで、トラブルにも見舞われ、土地を探しはじめてから1年以上経って、
ずっと図面でイメージするばかりだった家が、現実にボリューム感をもって現れ、
ホントに建ってきたんだなぁ…と感激しました。

いままでは何も思わず通り過ぎていた建設現場も、
今後は、見るたびに、それまでのストーリーや、こめられた想いがあることを想像して、
勝手に感極まってしまうかもしれません。

まだしばらく建設で、道を塞いだり、音を立ててしまいますが、どうぞご容赦ください…!!

2021.09.02
Written By

ときどきつくる、鶏の丸焼き。
最近は、鉄鍋にいれて、オーブンで焼き上げるのが好きです。
今回は家にたくさんあった、トマトや夏野菜をたっぷり入れました。
ほぼスープになってしまいました。

ふだんは現在の家の近くにある、京都中央卸売市場のお店から丸鶏を買います。
これから引っ越す西陣では、日々の食材さがしの場所も変わります。

新しい食材、新しいお店との出会い、とても楽しみです。
おすすめのお店や、スーパー、聞いてみたいです。

2021.08.03
Written By

梅雨が明けて、殺人的な暑さの京都の夏がやってきました。

このごろのわたくしは暑さではなく、

8月1日からの個展の準備でヘロヘロになっておりました。

「おばけまつり」と題した、イラストの展示です。

 

流行り病で、 次々と中止・縮小となってしまったお祭りたち。

 

ところが、ゴキゲンなおばけたちは人知れず楽しんでいました…

 

といったストーリーのもと制作しています、下京区のそのうちcafeでの開催です。

 

そのうちcafeは、公園に直結した、小さいけどとてもとても素敵なお店。

 

西陣にも、たくさんのカフェがあります。

 

これから自分にぴったりのカフェに出会えるといいなぁと思っています。

 

また、おばけや妖怪などの伝承もたくさんありそうで、そういった出会いも楽しみにしています…

 

…今回はPR多めで失礼いたしました!

 

—————————————————————-

 

そのうちcafe SNC

 

五条高倉下ル 六条院公園 ブランコ入ル。
青い塀と黄色い暖簾が目印です。
営業:11:30~20:00 無休

 

https://peraichi.com/landing_pages/view/sonouchicafesnc

 

2021.07.04
Written By

西陣に、マイホーム建築予定の梅田家。

先日は地鎮祭をさせていただきました。

 

友人のお坊さんにお願いして、

建築士さんが鍬・鋤・鎌を手づくりしてくださり、

地鎮祭のあとのお弁当は飲食店を営むお坊さんの奥さまに、

自分たちで用意できそうなものはなるべく自分たちで手配して…

身近な方々のチカラを借りて、想い出深い地鎮祭になりました。

 

土地さがしと建築パートナーさがしとプランニングと、

気付けば1年以上が経って、慌ただしく過ぎ去る日々の中、

立ち止まり、大切なことを振り返る機会になりました。

 

通りをゆく方があいさつしてくださり、ほっとしました。

はやく家が完成しないかなぁと、待ち遠しく思うこのごろです。

2021.06.04
Written By

梅雨の最中、晴れた日には、

陽射しに、気温に、夏を感じる日が増えてきました。

 

マイホーム計画中の梅田家、6月は地鎮祭の予定。

準備のため、今日は家族4人、愛車に乗って草抜きにゆきます。

 

うちの車はチョット珍しい車。

兵庫県西宮で購入した、パキスタンやインドで走る三輪車。

現地ではオートリキシャと呼ばれています。

 

ギラギラした夏がやってくると、灼熱のインドの旅を思い出す…

旅先で乗った乗り物で、日常を旅に変えてゆきます。

 

西陣の町並みにも、自然と調和する不思議。

この車に出会ったら、手を振ってあげてくださいね。