西陣にまつわる
人々による
ウェブメディア

12/8

西陣にまつわる人々が、毎日綴るリレーコラムCOLUMN

2022.10.12
Written By

今回のコラムは福岡県北九州市で執筆しています。ちょうどこのタイミングでこの地へ来る機会があり、小倉駅で「地図の博物館」という大きな広告を見つけて、上京ちず部副部長としては、「なんだこれは!行かねば!」ということで行ってまいりました。
訪れたのは北九州市に本社がある、住宅地図で有名な会社ゼンリンが手掛ける「ゼンリンミュージアム」。
大航海時代からヨーロッパで描かれた日本地図、江戸時代以降に伊能忠敬をはじめ国内で描かれた日本地図に、吉田初三郎の鳥瞰図や、江戸時代の観光名所地図。床にも巨大な日本の古地図が描かれているなど、地図マニアにはたまらない古地図の世界。
同じ建物内には、白地図に色を塗ったり、切り絵にして世界に一つだけの地図を作れる地図の工房や、地図柄のいろんな雑貨などを販売しているショップもあって、本当に充実した施設です。
スタッフの方とも地図の話が弾み、あらためて地図の奥深さや面白さ、汎用性を実感しました。
皆さんもあらためて地図を手に取りながら西陣のまちを歩いてみませんか?普段気付かなかった新たな発見があるかもしれませんよ。

南知明

上京ちず部 副部長南知明

鴨川近くで生まれ、幼い頃から近くの上京区の商店街の店主の方々に見守られ育つ。現在は「まいまい京都」商店街食べ歩きツアーなどのほか、地理好きを活かし、「上京ちず部」副部長など、上京区全般で活動。本業は宿泊業。京都観光おもてなしコンシェルジュ。