西陣にまつわる
人々による
ウェブメディア

11/28

西陣にまつわる人々が、毎日綴るリレーコラムCOLUMN

2021.12.27
Written By

多拠点生活サービス「ADDress」のまっさんこと高本です。

西陣を語る際に欠かせないのがやはり異界との結界としての側面。

高校時代に観た映画「帝都物語」(1988年)で「怪優」嶋田久作演じる加藤と共に描かれ衝撃的だったのが、陰陽道や式神の不思議な世界。その原点的聖地〜一条戻橋と安倍晴明を祀る晴明神社。(そういえばあの映画の脚本を書いたのは京都芸術大学映画学科でも教鞭を取られている林海象監督だった)

平安時代、安倍晴明が異界と交信をしたこの場所に千利休に屋敷を与えたのが天下一統を成し遂げた秀吉。境内の「利休井」の水で利休が供した茶を嗜んだ秀吉も陰陽道パワーを得ようとしたのかも知れない。利休はその後秀吉の逆鱗に触れて切腹、戻橋に梟首されてしまったのだけれど多数のスピ系女子の聖地と化している今の風景を見れば、利休も秀吉もびっくりするに違いない。

石鳥居に妖しくも鈍く輝く、「ドーマンセーマン」と呼ばれる五芒星を見る度に摩訶不思議な裏西陣の魅力をもっと知りたくなる。

高本昌宏

多拠点プランナー / ADDress 事業企画高本昌宏

学生時代に伏見と西陣に住んだことがきっかけで、京都では決してメインストリームではないかもしれないこの二地域に惹かれる。多拠点居住サービス立ち上げをしながら、2020年伏見移住。西陣にも同年から通い始め、魅力再発見中。