西陣にまつわる
人々による
ウェブメディア

9/20

西陣にまつわる人々が、毎日綴るリレーコラムCOLUMN

2021.08.30
Written By

多拠点生活プラットフォーム「ADDress」のまっさんこと高本です。
この春から東京のとある広告代理店のお手伝いで、東京と京都の二拠点暮らし中。東京比率が高まるにつれ無性に食べたくなるのがこのあんバタートースト。ADDress拠点でもある「ケフ西陣」の朝食メニューで伏見の自宅からこれを食べるためだけに西陣に車で定期通勤?していたくらいお気に入り。

1908年創業、北野天満宮前にお店を構える中村製餡所の粒あんが贅沢に盛られ、ふんわり柔らかい風味のケフ西陣自家製バターとこんがり焼かれたトーストが奏でるシンフォニー。丁寧に淹れられた珈琲と至福の朝餉時間を楽しめること間違いない。東京でもあちこちでこの話をふんわりしていて、聴いたひとは誰もが「それいつか食べてみたいなぁ〜」と子犬のような優しい瞳になるのだった。

これから京都に行かれる方も、ジモトな京都に住まうあなたも、ぜひ一度お試しいただきたい。優しいあんこの甘さのその奥に、日常の中にある非日常な幸せをそこはかとなく感じさせてくれるはず。西陣の朝はおいしいよ。

高本昌宏

多拠点プランナー / ADDress 事業企画高本昌宏

学生時代に伏見と西陣に住んだことがきっかけで、京都では決してメインストリームではないかもしれないこの二地域に惹かれる。多拠点居住サービス立ち上げをしながら、2020年伏見移住。西陣にも同年から通い始め、魅力再発見中。