西陣にまつわる
人々による
ウェブメディア

10/19

メンバーMEMBER

龍田 春奈

咲里畑 届けびと龍田 春奈

1993年京都生まれ。西陣育ち。京都市西京区大原野「咲里畑」にて、季節の多品目の野菜、ハーブ、エディブルフラワーを、農薬や化学肥料を使わず育て、販売している。農ある暮らしの中に感じる豊かさを、人に届けることに喜びを見出しています。

2021.10.17
Written By

京都に住んでいるならば一度はそののぼりを目にしたことがあるだろう、キョウトグラフィーに行ってきた。

「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」は、2013年を皮切りに、ここ京都で毎年行われている国際的な写真祭である。西陣より少しエリアはズレるが、ご近所の二条城をはじめ、京都ならではの歴史的建造物や、モダン建築の空間に展開される貴重な展示を、毎年楽しみにしているファンも多い。今年は友人の声掛けもあって、京都の街中に点在する会場をパスポートで巡ることになった。

震災やコロナ禍をテーマにしたまあまあ重めな作品から、体験型で遊び心のある展示まで。特に、写真鑑賞の後、撮影風景を動画で見られたところが面白かった!

「今ここにあるものを自分の目線からまんま撮って残したい」
「計算して細部まで作り込んだオリジナルの世界観を写真で表現したい」
カメラを構えるとき、何を思っていたのか。もっと知りたい。

芸術に触れる秋はとても気持ちが良いものだ。この日は朝から一日かけて会場をまわって、写真もたくさん撮った。お出かけをして、休みらしい休みの日だった。これだけのことで小旅行気分が味わえてしまって、やっぱり特別な街だなぁ。

2021.09.17
Written By

京都といえば鴨川、とはよく聞くが、ここはオサノート。今回はわたしにとっての堀川の話しをしようと思う。それは京都市のほぼ中央、堀川通りに沿って南北に流れる川で、堀川通りは、京都の主要な大通りのひとつである。わたしもよくこの道を通るが、春の桜の頃と、秋の黄色く色づいた街路樹が並ぶのを見て、季節を感じるのが好きだ。京都に住んでいるならば、同じように季節の変わり目を堀川で確認する人も多いのではないだろうか。
以前、秋の黄色がまぶしい堀川でウェディングフォトを撮っているカップルを見かけたことがある。堀川通りは交通量も多いし、車に挟まれたこんなに街中なのに、なるほど切り取り方によってはとても写真に映える景色だよなとその時思った。
今年も気付けば秋の気配を感じるほど、涼しくなってきた。そしてまた、堀川の鮮やかさに、今年も懲りなく写真を撮るのだろうな。
堀川は、大通りの上からだけでは見えない、都会の中の穴場オアシスなのだ。

2021.08.18
Written By

2021年夏。テレビの中で東京オリンピックが終わって、お盆がきて、大雨が降って、涼しくなった。長雨だったせいで、各地で土砂崩れが起き、川が氾濫し、いろんなものが流されていった。

今年は地蔵盆の集まりがなかった。去年もなかった。「このご時世で」人と集まる機会が激減し、しばらくになる。出口が見えない、というのが一番堪える。

京都のお盆は地蔵盆。うちの地域では、朝からお坊さんに来ていただいてお経を詠んでもらい、地域のみんなで数珠まわしから始まる。子どもの頃、この数珠まわしがけっこう楽しかったことをよく覚えている。一年にその日にしか見ない、長い長い数珠の輪。確か5メートルくらいあったと思う。ところどころに大きめの数珠があって、手元にその玉が来たときにだけおでこに近づける。お焼香するときの仕草に似てる。祈りのかたち。

あとはお菓子がいっぱいもらえたとか、福引きやらスイカ割り、夜の花火など、子どものための行事が行われた。近年では少子化の影響もあり規模も縮小されていたが、地域の大切な行事、なくなるのは寂しい。来年には再開できますように。と願うばかりだ。

2021.07.19
Written By

7月最初の日曜、昼下がりのこと。「はるちゃん、カラオケいるから、来たかったら来て〜」。震えたスマホを確認すると、友人からのお誘い。そうか、緊急事態宣言明けたんだ。お茶するんじゃなかったんかいと心の中でつっこみながらも、「行くー!」の即レス。西陣のまちなみと北野天満宮を自転車で颯爽と通り過ぎたところ、北野白梅町のカラオケがわたしたちの御用達。その日は声を掛けてきた馴染みの友人と、リアルで会うのは初めまして(オンラインでしか話したことない、はご時世あるあるだ)の友人もいたので、3人以上で遊ぶのは久しく、大分はしゃいでいた。

「勝手に楽しんでるけど、楽しいから、来たかったら来てね」という姿勢は付き合い方として非常に心地がよい。責任感もプレッシャーもないし、とても自由に思う。「人に会う」、もそうだし、「場を訪れる」、もそうだ。

行かなくてもいいんだけれど、行ったら、楽しい、刺激的で、人や物との出会いがある。美味しい、とかもあるか。心が安らぐ、とか。好きなお店とかね。西陣のまちにも、思い当たる節があるでしょう?

そういった関わりを、近くにたくさん置いていられたなら、人生豊かだよなあと思うのです。

2021.06.20
Written By

まちの景色は、時代とともに変わっていく。約3年前のこと、千本今出川の交差点に立ち並んだ老舗、アオタニ文具店とミヨシ堂時計店が建て壊され、煌々と明るいコンビニに変わってしまった時は、勝手ながらもやはりショックだった。高くそびえたった壁に、古い大きな時計があるのが好きだったし、千本今出川のシンボルだった。この機会に調べてみると、昭和4(1929)年に建てられ、京都市文化局によって「京都を彩る建物や庭園」に認定されていたらしい。文化財保護課のページに残っていたのだ。これは知らなかった!

景観を大事にする京都で、重要な建物が建て壊されたり、専門店が廃れていく様子を見るのはさみしい。役割をコンビニや100均に取って代わられる。

個人的に南から北へ千本通りを上がることが多いため、家のすぐ手前にあるその時計でいつも時間を確認していたことも大きかった。せめて名残として、新しく建つ建物の壁にも時計をつけてくれとひそかに願った。同じように願う地元民からの要請があったのかもしれない。今はセブンイレブンの壁で新しい時計が、西陣の時を刻んでいる。

※手持ちの写真がなかったので、気になる方は千本今出川へ、おこしやす。

2021.05.21
Written By

これまでの人生、もっとも多く、通っている道はどこだろう?
わたしは多分、きっと、それは千本通りだ。出かける時は、だいたい通る。だいたいは誇張しすぎたとはいえ、通算で一番だと思う。

千本通りといえば、かつて平安京の頃の京都のメインストリートであった場所だそう。その名の所以は、実は少しこわい話があるのだけれど、文字数が収まらないのでご興味ある方はインターネット先生に聞いてみてほしい。ちなみにわたしはこれを千本えんま堂に時々現れる紙芝居のおじさんから聞いたのだけれど、そうだここも面白いので、そのうち書こうかな。

中学の頃は歩いて、高校の頃は自転車に乗って。千本通りは登下校道だった。現在わたしは西京区の大原野というところで農業に勤しむ毎日だが、今でもやはり、千本通りが通勤路だ。わたしにとっての千本通りは、いつも「かよいみち」なんだな。

書きたいことがたくさんある。千本今出川の桜に励まされたことがある人はここにもいるだろうかとか。まちを長く見ていると、変わったところももちろん、たくさんある。次回はそんなところの話をしようかな、なんて風に考えています。

2021.04.21
Written By

こんにちは、初めまして。西陣生まれ、西陣育ち、龍田春奈といいます。「わたしにとって西陣のまちってどんなところだろう?」と考えたとき、それは幼少期の、学生時代の思い出、そして現在の風景と重なります。それはあまりに日常的すぎて、どこをどう切り取ったらドラマチックになるだろうかなどと、しばし思考を巡らせてみるも、どうも収拾がつかない。思い出がとっ散らかったまちである。

 

近すぎて知らないことってありますよね。それは知ろうとしなければ知り得ないこと。ずっと京都に住んでいる人よりも、外から入ってきた人の方が京都についてよっぽど詳しいなんてことザラだし(これは京都ならではのことかもしれないし、代々住んでいるからこその不文律はもちろんあるけれど)。その点同じテーマで書くリレーコラムって、いろんな人の目線を通して、西陣を見ることが出来る。

 

少し前に読んだエッセイ集の帯に、こんなキャッチフレーズが書いてありました。「人生はドラマではないが、シーンは急に来る」。なるほど、これからわたしの生活の中のシーンを切り取って、こうしてリレーコラムになるなんて面白いじゃないの。オサノート、どうぞよろしくお願いします。